野依良治 息子の職業や学歴が凄い!経歴やプロフィールまとめ

   

どうも今回は、、、

 

 

野依良治さんの、、、

 

経歴・学歴や、、、

プロフィールに関する情報や、、、

 

息子さんなど家族に関する情報に、、、

 

 

迫って行きたいと思います。

Sponsored Link

野依良治 経歴や学歴が凄い!プロフィールは?

息子さんに関する情報が気になる所ですが、、、

 

まずは、野依良治さんご本人の経歴・学歴やプロフィールから、、、

 

プロフィール

  • 名前:野依良治(のよりりょうじ)
  • 生年月日:1938年9月3日生まれ
  • 出身地:兵庫県武庫群精道村(現、芦屋市)

 

経歴・学歴

1945年に終戦を迎え、疎開先から神戸の六甲に戻り、兵庫師範学校男子部附属小学校(神戸大学附属住吉小学校の前身)に学んだ。
1951年4月、私立灘中学校に入学した。ナイロンは石炭と水と空気から出来ているという話を聞き、化学への志を抱いた。その後、灘高等学校を経て1957年4月に京都大学工学部に進んだ。

 

1961年3月 - 京都大学工学部卒業
1963年
3月 - 京都大学大学院工学研究科修士課程修了、工学修士(京都大学)
4月 - 京都大学工学部助手
1967年9月 - 工学博士号取得
1968年2月 - 名古屋大学理学部助教授
1969年1月 - ハーバード大学博士研究員
1972年8月 - 名古屋大学理学部教授
1996年
2月 - 文部省学術審議会委員(〜2001年1月)
4月 - 名古屋大学大学院理学研究科教授
1997年1月
名古屋大学大学院理学研究科長、名古屋大学理学部長
2000年4月 - 名古屋大学物質科学国際研究センター長
2001年
2月 - 文部科学省科学技術・学術審議会委員
4月 - 日本学術振興会学術顧問
2003年7月 - 独立行政法人理化学研究所理事長
2006年 - 教育再生会議座長
2015年
6月 - 国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター長、東レ社外取締役
7月 - 科学技術館館長

 

以上が、野依良治さんの経歴・学歴やプロフィールに関する情報になりますね!

 

ちなみに、野依良治さんの出身・灘ですが、、、

 

  • 偏差値79
  • 全国1位の学力

 

 

と言った感じの誰もが知ってる超名門高校ですね。

 

続いて、息子さんなど家族に関する情報を、、、

Sponsored Link

野依良治 息子の職業や学歴が凄い!

そんな野依良治さんの息子さんなど家族に関する情報ですが、、、

 

父:野依金城
母:鈴子
義父:大島正光(元東京大学医学部教授)
妻:紘子(1972年結婚)

父・金城(日本銀行名古屋支店長を経て、北海道拓殖銀行を設立、芸備銀行頭取などを歴任)が養子縁組して野依姓を引き継ぎ、鈴子と結婚。

野依信の妹・有子の孫に生物学者で東京大学名誉教授の毛利秀雄がいる。

長男:読売新聞記者(一橋大学社会学部卒業)
野依のノーベル賞受賞発表翌日の記者会見で代表質問を行った。

二男:モダンアート作家(東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業)

なるほど、息子さん2人ともかなり立派な人なんですね~~

 

ちなみに、息子さんそれぞれの出身大学ですが、、、

 

  • 一橋大学社会学部(偏差値67.5)
  • 東京芸術大学美術学部(偏差値60、日本の芸術系大学の中で最高峰の位置づけ)

 

と言った感じで、息子さんの出身大学は凄い所ですね~~

野依良治さん同様に、息子さんが優秀である事が分かった情報でしたね。

 

浪人時代の同級生に、野依良治さんの息子さんが卒業された東京芸術大学志望の人がいてましたね。
その人は、身長が小さく…見た目も声も可愛らしい女性の人でしたね~~

ただ、ちょくちょく…エグめの毒を吐くことがあると言う特性を除くと、、、
見た目や喋り方的には、かなり男性受けする人だったと思いますね~~

 - ニュース ,